メニュー

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠中に大きなイビキをかき、呼吸が浅くなったり止まったりすると身体が低酸素状態となります。夜間の覚醒に繋がり、睡眠の質が低下し、起床時の頭痛や日中の眠気等の症状が引き起こされます。高血圧症、糖尿病など様々な生活習慣病の危険因子となると言われています。また、うつ病など精神疾患との合併も知られています。自宅での簡易検査、検査結果によってはCPAP療法の導入が可能です。

 

症状の例

・いびきがひどい

・睡眠中に呼吸が止まっている

・夜中に何度も目が醒める

・起床時の倦怠感

・起床時の頭痛

・日中の強い眠気

・居眠り

など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME